Where you can meet happy.

ホーム > エヴォリューション・システム

Evolution System


高次元進化を支援するシステム群(Evolutional Auxiliary System)

エヴォリューショナル・セレブロ・システム

Evolutional Cerebro System


E_CES.jpg/エヴォリューショナル・セレブロ・システム(ECS)では、光学的進化の際に行われる、高次光情報(Higher Light Information)の光学的変換・光性遺伝活性・光性神経(ハイパーニューロン)発達に必要なエネルギーを生成するシステムを自己に配置・起動し、光学的進化に必要なエネルギーの自動供給を促進する事で、進化時のエネルギー補助の機能化を行います。また、進化性法格(進化の速度を示す値)を自動調整化する事で、その時々のコンディションにより肉体や精神に過負荷が掛からない様に自動調整を実現し、エネルギー欠乏による意識レベル低下の防止を促進します。

●目的
・エネルギー供給炉配置
・進化性法格自動最適化
・意識レベル低下防止

■料金
(Level1)E-mail/LINE可。
ASK.

(Level2以降)E-mail/LINE可。
ASK.

エヴォリューショナル・ロードリダクション・システム

Evolutional Load reduction System


E_LRS.jpg/エヴォリューショナル・ロードリダクション・システム(ELS)では、光学的進化の際の負荷軽減を行います。高次元の進化が加速的に発展する様になると、時間単位の肉体・精神・意識への光学情報と光学エネルギーによる負荷が膨大なものとなり、多数セッション負荷が折り重なると肉体的・精神的な違和感を感じる事が多くなります。これは、高度進化に対する肉体や精神の脆弱性が主な原因で各々を鍛える事でも緩和しますが、加速度的光速進化を行う場合はそれらで対応する事は難しく、進化速度の遅延せざるを得なくなります。ロードリダクション・システムのインストールで、負荷軽減のみではなく所謂好転反応と言われるセッション後の肉体的・精神的違和感の緩和も行い、結果光学的進化を加速するものです。

●目的
・光学的進化負荷軽減
・光学的進化反応軽減
・光学的進化加速促進

■料金
(Level1)E-mail/LINE可。
ASK.

(Level2以降)E-mail/LINE可。
ASK.

エヴォリューショナル・ディヴァイン・システム

Evolutional Divine System


E_DIS.jpg/エヴォリューショナル・ディヴァイン・システム(EDS)では、高次進化の遅延を引き起こす人間的システム(低次システム)の神的システム(高次システム)への移行を促進します。特に人の人たる所以である、精神・意識・心・思考・我が低位な場合には高次進化の遅延を引き起こしやすくなり、思い通りの結果が得られない事もしばしばあります。ディヴァイン・システムのインストールにより、神の精神・神の意識・神の心・神の思考・神の我(超自我)に近付く事となり、円滑な高次進化を促進すると共に、人間的システムに由来するネガティブな感情や意識の超克を促します。

●目的
・進化システム高位化
・進化システム最適化
・進化システム神化

■料金
(Level1)E-mail/LINE可。
ASK.

(Level2以降)E-mail/LINE可。
ASK.

エヴォリューショナル・ヴィジョナライゼーション・システム

Evolutional Visionalization System


E_VIS.jpg/エヴォリューショナル・ビジョナライゼーション・システム(EVS)では、精神的視覚能力(霊視能力)の覚醒・強化を行います。通常、ヒーラーやエネルギーワーカーの必須とも言える霊視能力の開花には長い時間の瞑想(精神的視野の活性)が必須となりますが、瞑想だけで霊視能力の開花を促すのは難しく、誤った方法で行うと精神の破綻を招く事があります。ヴィジョナライゼーション・システムのインストールにより、精神的視覚野(イメージ領域)の強化、超感覚的視覚(ESP視覚)、視認可能領域の拡大、霊力の中心となる第6チャクラ(アジナー)等の霊視能力に関わる多数の項目の活性及び調整を行う事で、能力獲得の促進を実現するものです。

●目的
・精神的視覚強化
・精神的視野強化
・精神的視力強化

■料金
(Level1)E-mail/LINE可。
ASK.

(Level2以降)E-mail/LINE可。
ASK.

エヴォリューショナル・チャネル・システム

Evolutional Channel System


E_CNS.jpg/エヴォリューショナル・チャネル・システム(ECS)では、チャネリング能力(高次との接続能力)の覚醒及び強化を行います。チャネリングを行う機構であるチャネリング・デバイスを正しく起動し、チャネリング・デバイスを束ねるアクシアル・バンド(Axial Band、中心光帯)をチャネリング・デバイスへ接続・増強し的確な高次とのチャネル(接続)の確立を促進します。チャネル・システムのインストールにより、選択的に高次の存在である神霊・天使・精霊等との接続の確実性が向上し、地上では得られない高次光情報(Higher Light Information)を的確に得られる事となり、ヒーラー・チャネラー・エネルギーワーカーとしての能力進化が加速的に促進されるようになります。

●目的
・チャネルシステム・アクティベーション
・チャネルシステム・アライメント
・チャネルシステム・オプティマイゼーション

■料金
(Level1)E-mail/LINE可。
ASK.

(Level2以降)E-mail/LINE可。
ASK.

エヴォリューショナル・トランスレーション・システム

Evolutional Translation System


E_TRS.jpg/エヴォリューショナル・トランスレーション・システム(ETS)では、チャネリング(高次接続)により得られた光情報(Light Information)の翻訳能力の促進を行います。高次の進化には正しいチャネリング能力が必要ですが、光情報にも次元の高低があり、次元の操作方法に熟知していない場合は、光情報の翻訳が難しく誤訳が多くなり誤謬を生み出す事が度々起こります。トランスレーション・システムのインストールにより、高次より得られた光情報の現代語への翻訳・解釈能力が進化・進歩を開始し、ライト・インフォメーションを地上に降ろすチャネラーとしての能力が加速度的に覚醒を開始し、役割を果たす助けになります。

●目的
・ライトインフォメーション・トランスレーション
・ライトインフォメーション・コンヴァージョン
・ライトインフォメーション・コンポジション

■料金
(Level1)E-mail/LINE可。
ASK.

(Level2以降)E-mail/LINE可。
ASK.

エヴォリューショナル・オートメーテッド・システム

Evolutional Autometed System


E_ATS.jpg/エヴォリューショナル・オートメーテッド・システム(EAS)では、遺伝的に備わっている恒常性因子(自動調整機能)を利用し、多様なセッションプログラムの自動化を促進するものです。本来セッションプログラムの自動化にはアルケミクス(錬金術)や次元デュプリケーション等を用いたコダンブルーシステムの高度な運用能力が必要となりますが、オートメーテッド・システムのインストールによりチャクラ・システムに光学的更新をかけ、自由なセッションプログラムの恒常化を図ります。

●目的
・オートメーション・システム・イニシエーション
・ホメオスタシス・システム・エグゼキューション
・チャクラ・システム・アップデーティング

■料金
(Level1)E-mail/LINE可。
ASK.

(Level2以降)E-mail/LINE可。
ASK.

エヴォリューショナル・ウィズダム・システム

Evolutional Wisdom System


E_WIS.jpg/エヴォリューショナル・ウィズダム・システム(EWS)では、魂の進化に必須で5つの神の叡智である五智(ごち)を伝授し、高次進化を促進します。五智とは大円鏡智、平等性智、妙観察智、成所作智、法界体性智の5つで構成され、無数の転生で時間をかけて次第に精通して行く事が魂の大きな課題となっています。ウィズダム・システムのインストールで、これら5つの神の叡智(ウィズダム)を伝授・強化する事で進化の加速となり、人間性・神性・魂性の大幅な発展を促進する事となります。また、これらを練磨する事で徐々に進化の妨害となる低俗な存在との距離の乖離が起こり、悟り・解脱の境地に次第に近付く事となります。

●目的
・ファイブ・ウィズダム・イニシエーション
・ファイブ・ウィズダム・アウェイクニング
・ファイブ・ウィズダム・アクティベーション

■料金
(Level1)E-mail/LINE可。
ASK.

(Level2以降)E-mail/LINE可。
ASK.

エヴォリューショナル・カバラ・システム

Evolutional Kabbalah System


E_KAS.jpg/エヴォリューショナル・カバラ・システム(EKS)では、先人の知恵の結晶であるカバラ・システムを起動し高次進化を促進するものです。カバラ・システムには簡潔かつ詳細に進化についての情報が記述されており、全ての存在が有しているシステムですが、通常は活性が低くそのままでは扱いが難しいものとなります。カバラの根幹を成すセフィロト(生命の樹)をパーソナル・ソウル(個魂)へ接続する事でカバラ・システムを起動し、カバラの情報を扱える様になります。カバラ・システムのインストールにより、11のセフィラと22のパスを活性・調整し、更に自動調整化を行う事で常に健全なカバラ・システムの保守・運用が可能となります。

●目的
・カバラ・アウェイクニング
・カバラ・アクティベーション
・カバラ・キャリブレーション

■料金
(Level1)E-mail/LINE可。
ASK.

(Level2以降)E-mail/LINE可。
ASK.